風邪かと思いきや・・・性病?も注意!

最近何となく身体がだるい、風邪の症状が治らない、陰部が痒い、痛い、性行為の際に違和感がある・・・

 

この様な症状に悩んでいる人は、性病の疑いも視野に入れて検査する事をお勧めします。

 

特に女性は「恥ずかしい」という気持ちから検査する事を躊躇う人が多いです。

 

しかしあまり放置すると、不妊や骨盤内腹膜炎、卵管炎の原因になります。そしてパートナーにも迷惑をかけてしまうのです。

 

性病の疑いというだけではっきり性病だと確定できていないのであれば、自宅で性病検査ができるキットがお勧めです。

 

プライバシーも守れますし、恥ずかしくありません。どうしても料金を掛けたくない人は保健所での検査が適していると思います。

 

 

性病で注意してほしいのはクラミジアで、女性の大半は自覚症状がなく、気づいた頃には重症化していたというケースが多いです。

 

 

不妊の原因にもなり易いですし、同時にHIVへの感染率も飛躍的に上昇します。

 

 

ここが厄介な問題点でもあります。又パートナーの男性への感染経路ですが、オーラルセックスで咽頭部への感染リスクが高くなります。

 

感染すると咽頭炎や扁桃腺炎を起こします。酷い痛みがないので我慢しがちですが、咽頭の腫れや少々の痛み、発熱等の症状が起こります。

 

咽頭クラミジアの治療は正規感染よりも時間がかかると言われています。甘くみずにしっかりと治して下さい。

 

性病の疑いがあるまま過ごすのは大変だと思います。

 

 

勿論早期検査・早期治療が大切ではありますが、正しいコンドームの使用や不特定多数の人との性交渉を控える事、自分の身体は自分で守る事を徹底して過ごして下さい。

 

 

 

自宅で出来る検査キット情報は、性病検査キット.jp.netでチェック!

 

女性は相手の薄毛を気にするのか?

髪の毛に悩んでいる男性はとても多いと思いますが、そこに追い打ちをかけるようなデータがありました。

 

男性の薄毛を気にするかという女性に対してのアンケートなんですが、なんと交際相手では8割以上が薄毛の男性が気になるとのことです。

 

逆に夫の薄毛が気になるかというのには、3割程度が気にするとのことで、女性は結婚してからは薄毛に関して寛容ですが、交際相手となると薄毛の人を気にしてしまうというデータです。

 

ですので、もしも結婚前で彼女がいない男性で薄毛の人は交際できる可能性が髪の毛がふさふさの人と比べて低いといえます。

 

かくいう私も、彼女がいなくてもう1年以上になりますが、最近は髪の毛も薄くなってきて、このアンケート結果を知って愕然としました。

 

 

元々髪の毛が細い方でしたが、最近は抜け毛も多くなり髪の毛の密度が薄くなってきたんですよね。親も薄いので遺伝だと開き直っていましたが、少しずつ薄くなっていく髪の毛の恐怖を覚えました。昔の写真と見比べると結構ショックでした。

 

 

ですので、今更ですが、髪の毛と頭皮のケアを始めることにしました。市販の育毛専用のシャンプーなどを使用するようにし、髪の毛の洗い方も丁寧に行うようにし、ちゃんと風呂後はドライヤーで乾かすようにしています。

 

 

素人のやり方なので効果がいかほどかは謎ですが、まだ植毛や増毛をする気にはならないので、今のうちから自分で出来ることはやっておこうかと思います。

 

 

あまりにも薄くなり、彼女も出来ないようであれば、もしかしたら植毛・増毛も考慮していかなければいけない時が来るかもしれません。少しでも髪の毛が太く・多くなりますよーに・・・

更新履歴